« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

教林坊

Img491

安土町の侘び・さびの隠れ里「教林坊」へ紅葉を見に行ってきました。
以前は荒れ寺として地元の人々しか知らなかったお寺でしたが、二年ほど前にテレビで放映されてから凄い人気になり、今日も多くの参拝客で庭園内は行列が出来るほどでした。

Img492
Img493Img494

かの白洲正子も愛でたと言われる所で、ちょうど見頃の紅葉で大満足です。

Img495
Img496

ライトアップも行われておりますので、夜はゆっくりと拝観できるのではと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紅葉の嵐山

Img484Img485

三週間ぶりのライドですが、この時期に嵐山へ向かうのは観光客がいっぱいでちょっと躊躇うのですが、目的があって走ってきました。
山の紅葉はあと二・三日がちょうど見頃のようですがそれでも綺麗なグラデーション見せてくれいます。

Img486

宝厳院は見頃のようで拝観するのに大行列で大変のようですが、外からでも綺麗な紅葉が見られ素晴らしいです。

Img487

ちょっと絵画調にまるちゃん2号を撮ってみました。

Img488

帰路、桂川河川敷でパラグライダーを楽しんでいる方がおりましたが、テイクオフの良い風が吹いてきましたかな?

Img489

今日、嵐山へ向かった目的はサイクルリストご愛用のこのお店「毬りん」が近々閉店すると聞き、では最後のライドランチ「タマゴチーズつくね定食」をいただいてきましたが美味しかったです。


今日の走行コース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常磐オフ

Img476

Img480Img479

週末に写真仲間と常磐オフへ行ってきました。
まず最初に行ったのが焼き物の町「益子」へ、信楽焼に近いような焼き物ですがどのお店を覗いても愛想が良くて良い感じです。

Img478Img477

益子町の通りの外れ近くに藍染め作っている所が有り、藍を作られている釜を初めて見ましたが湯気のような物が立ち上がっているのですが発酵して立ち上がるのでしょうかね

Img481Img482

夜の宴会は、一度食べてみたいと思っていた「アンコウ鍋」と美味しい地酒をたんまりと頂き至福の一時でした。

Img483

二日目は日鉱博物館から西山荘と巡りましたが、鉱山後を博物館にしていて、日立製作所の初代社長がこの鉱山のモーターを修理しながら会社を興したそうです。
西山荘は光圀の隠居所で漫遊の旅はここから出発したそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone

Img475

スマートフォンが入れ替わりました。
まだ買い換える気は無かったのですが、愛用しているiPod touchが何世代か前の代物でバッテリーが弱ってきたので買い換えようと思っていたところへdocomoからもiPhoneが販売されるという事で予約から一ヶ月ちょっと待たされましたが、昨日ようやく入手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明石海峡大橋ブリッジワールド

Img470
明石海峡大橋

Img471
明石側

Img472
淡路島側

Img473
橋塔で記念撮影

Img474
主塔塔頂認定書(7884人目)

三連休、初日はチャリンコ、二日目は知恩院の三門へ、今日は明石海峡大橋を楽しんで来ました。

心配していた天気も晴れてきて受付後、見物をするにあたり決まり事と橋脚の説めを受けた後、海面が透けて見える橋桁ですがわりと広いので、そうビビルこともなく1kmほど先の主塔まで歩いて行き、そこから上へは橋脚の中に保守用のエレベーターが設置されていて、それで主塔塔頂まで登っていきました。(知らないまでは階段を上がるのかと心配でした)
塔頂部での風も無く揺れはさほど感じられず、素晴らしい景観を堪能してきました。

皆さんも一度行って見られては如何でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐山

Img466_2
三連休に入りましたね。
水害で大きな被害が出た嵐山、かなり復旧してきているそうで久しぶりちにチャリで嵐山へ走ってきました。
紅葉はまだ早いようですが保津川に沢山のボートが出ていて、水害など無かったかのような雰囲気です。

Img467_2Img468_2
渡月橋もかなり傷んでいるようですが、川上側に有る杭が流されるのを食い止めたそうです。

Img465_2
観光地点から下っていくとまだまだ水害の残骸後が残っていて、桂川と宇治川の合流点では瓦礫の量が凄いですよね。

Img469_2
昼食は久しぶりに嵐山「毬りん」で玉子チーズつくね定食を食べましたが、毎度ながらの美味しさで満腹です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »