« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

台湾旅 平渓線

Img189Img190
中国茶問屋と台北駅

今日、帰国組がおりますので朝食を終えると早々に全員でいつも行くお茶問屋へ買い出しを済ませ、残留組は平渓線(ピンシーシエン)へ鉄チャンを楽しみに行ってきました。
台北駅から瑞芳駅へ、そこで一日フリー切符を買い求め平渓線へ乗り換えです。

Img191Img192
十分駅

まずここで途中下車をして、線路際ぎりぎりに並ぶ老街とそこで揚げる天燈と十分滝を見ることにしましたが、日本では安全性でダメだろうと思われる線路際に老街が建ち並びその店先を観光客が行き替わっておりますが列車が通過するときは危険な感じがしますが、私が小学生時代はこの様に近い風景は見られたのですがね。

Img193
十分滝

Img194Img195
天燈と通過する列車

Img196Img197
終点の菁桐駅・構内を散策する若者達

Img198
雨中の結婚式用の記念撮影

結婚式の時に使用する記念写真を撮影中でしたが強い雨が降る中お二人の愛は強いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾旅 鹿港

Img178
鹿港民族文物館

Img179
老街

Img180
煉瓦造りの街

Img181Img182
青空市場と鍛冶屋

Img183
散髪屋

Img184Img185
落書きと狭い通り(摸乳巷)

Img186Img187
龍山寺

鹿の港と書いて「鹿港」ルーガンと読むそうですが、台湾中部の西側にあり昔は貿易港で栄えた街だそうです。
煉瓦造りの古い町並みが残っていてなにかノスタルジックにさせてくる町並みで、訪ねた日は生憎の雨でしたがまたそれも風情があってよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一休寺

Img173

Img175Img174

Img176

Img177


今日の走行コース

今朝は凄く冷え込みましたのでPCの画像を整理しようと思っておりましたが、穏やかな素晴らしい青空に魅せられこれはじっとして居れなくなり遅まきながらのポタリングへ出かけました。
出発が遅かったので近場で紅葉が見られるような所と思いを巡らせて、そうだ昨年行きそびれた京田辺の「一休寺」へとペダルを回しました。

紅葉は見頃で来るまで来られた方々は駐車の順番待ちですが、その横をすり抜けての到着です。
紅葉はちょうど見頃でグッドタイミングにこれたようで、光の具合もよく感動でした。\(^_^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台湾旅 グルメ編

台湾へ行ってきましたが、今回も美味しいグルメを沢山いただいてきました。

Img170
北京ダック(国賓飯店川菜庁)

Img171
薬膳鍋(無老鍋・台中)

Img172
小籠包(京鼎樓・台北)

訪台早々、故宮博物院でボランティアをされている台湾の方に北京ダックをご馳走になりビックリです。\(^O^)/
二日目は台中で薬膳料理の無老鍋を食べましたが、豚骨スープをベースにコラーゲンがたっぷりで朝鮮人参がまるまる一本入っていて食材も珍しいアイスクリーム豆腐やマンボウ等も使われておりました。
三日目の夜は台湾といえば小籠包を食せねばと鼎泰豊で修行した京鼎樓へ行きましたが、タイミングがよかったのか鼎泰豊のような行列はなく、ゆったりとした席で食べられたのですがちょっと皮が固いように感じましたね。

今回も大満足の台湾グルメでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うどんを食しに

Img166
満作の柿

Img167
紅葉も見頃になってきましたが・・・

Img168Img169
うどんのたなか家


本日の走行コース

今週のポタリングは井手町へうどんを食しに行ってきました。
ここは美味しいと評判で人気店だそうで友人が働いているということもあって行ってきました。
大正池のポタリングコースで結構サクルリストたちも立ち寄って大盛りを食しておりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二週続けて

Img164Img165
新蕎麦(枚方・天笑)


先週の走行コース


今日の走行コース

先・今週と前夜が飲み会続きでちょっと二日酔いでポタリングのスタートがお昼前になってしまった。(´;ω;`)ウウ・・・
新蕎麦が食べられるようになり美味しかった。delicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「情熱のピアニズム」映画

ジャズピアニストのミシェル・ペトルチアーニのドキュメンタリー映画「情熱のピアニズム」を観てきましたが、生きる喜びと言うのか人生を前向きにさせてくれる素晴らしい映画でした。

「情熱のピアニズム」のオフシャルサイト
http://www.pianism-movie.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »