« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

膝痛と雨


今日の走行コース

今日のポタリングはグループ展が近づいてきたのですが作品を撮ろうと思って当尾の里を目指しました。

まあまあ順調にペダルを漕いでいたのですが、木津を過ぎた辺りから左膝裏に痛みを感じ始めてきたのですが、まあなんとかペダルの回し方を正しくして、昼食休憩をすれば治るだろうと思っていたのですが痛みがなかなか引かないので当尾の里へは諦め引き返すことにしました。
流れ橋まで帰ってくると空の方も持ちこたえられず雨粒が落ちてきて、雨中のライディングになり膝痛も登りになると踏み込めなくなり歩いての最悪の状況でなんとか帰ってきました。mistwobbly

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蕎麦ぜんざい

Img066_2
なまこ壁民家

Img067
民家の生活

Img068Img069
絶品のそばぜんざい

週末は西伊豆の松崎町へ蕎麦ぜんざいを食しに行ってきました。
ここ「小邨」では美味しい蕎麦を食べさせてくれるのですが、絶品は蕎麦ぜんざいでわざわざこれだけを食べに行っても大満足をさせてくれますよ。happy01


| | コメント (2) | トラックバック (0)

なまこ壁の町

Img065_3

久しぶりに西伊豆の松崎町へやってきましたが、雨上がりですのにめちゃ蒸しますね。bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく降りましたね。

Img064

昨夜は土砂降りでしたが、皆さん被害はなかったですか?
自宅の方は何もなかったのですが、朝の通勤電車が洪水の影響でストップで大変でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真仲間の例会

Img061
チャリ好きには嬉しいワインですね。(^o^)

Img062Img063
美味しかった!

昨晩は久しぶりの写真仲間の例会に出席してきましたが、ワインのラベルに惹かれちょっと飲み過ぎたようです。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れ橋ー山城大橋

Img060
昨日の雨で水嵩が上がっている流れ橋


今日の走行コース

天候が思っていたより早く回復してきたので午後からちょっとポタって見ました。

午前中は墓参りや買い物などを済ませ昼食後にスタートで、第二京阪から水捌けのよい木津川CRを回り、久しぶりに流れ橋近くの友人宅へ訪ねてきましたが、連絡もしないで行ったので留守で残念ながらお会い出来ずでした。(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫陽花

Img059
わが家の紫陽花

今週末二日間ともrainでチャリンコはお休みです。weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登山靴

Img057Img058

トレッキングでの安全を守ってくれている、はき慣れた登山靴の靴底が剝がれてきました。weep
白山、北アルプス、八ヶ岳などいろいろな山へ登ってきた愛着の有る靴ですので、張り替えする事で修理に出してきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

足洗いオフ

Img051Img052Img053
Img054Img055Img056
沖縄料理

週末はチャリンコ関係の足洗いで二日続けての飲み会で飲み過ぎで今日はちょっとへばり気味です。wobbly
沖縄料理をはじめて食しましたが、豆腐ようはお酒のアテにはめちゃグーですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビワイチ完走!!\(^o^)/

Img044
エリと釣り人(守山付近)

Img045
奥琵琶湖の漁師(海津大崎付近)

Img046
カヌー講習(マキノサニービーチ)

Img047
カキツバタ(今津浜)

Img048Img049
消費カロリーと驚きの自己最高平均速度

Img050
頑張ったまるちゃん2号


今日の走行コース

桜の時期にチャレンジしようと思っていたビワイチですが、ようやくこの時期に挑むことが出来ました。

現地へは輪行で向かおうと思っていたんですが、ヘタレのオイラですから途中で挫折するのではと思い車だと必ずスタート地点まで帰ってこなければならないので車で向かいました。
朝の内はまだ寒くウィンドブレーカーを羽織ってのライディングですが、長浜で昼食予定にしていたのですが快調にペダルが回るようで通過です。
奥琵琶湖の二ヶ所の難所もなんとかクリアし、後はロングライドにオイドの痛みと脚が何処まで耐えられるかですが、それもなんとか頑張って完走出来ました。\(^o^)/
はじめての150km越えロングライドにそこへアベレージが22kmとは驚きです。\(◎o◎)/!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »